援助交際はやるだけなら簡単

援助交際というのは、簡単に月10万円以上稼ぐことができますし、その気になれば20万や30万円も稼ぐことができるのです。

少なくとも高校生ぐらいの年代の女の子にとっては、これ以上稼げるアルバイト他にないしょう。

いや、むしろどんなアルバイトよりも稼げるでしょうし、下手な正社員の月収よりも稼ぐことができるのです。

しかも援助交際というのや、やるだけなら簡単だと言えます。

他の高収入を得られる仕事などは、専門的なスキルが必要だったり、それなりの才能を求められたり、様々な分野の知識が必要だったりするなど、やりたくてもできない仕事が大半なのです。

しかし援助交際であれば、自分の体を売ることに抵抗さえなければ、一切のスキルも学歴も才能も不要なのです。

だからこそ、どんな女の子でも大金を稼げるチャンスがあるわけなのです。

もっとも、やはり大金を稼げるということは、それなりのリスクを伴うものでああり、援助交際でいろんな被害に遭った女の子もいれば、取り返しのつかない事態になってしまった女の子もいるのです。

いつから援助交際はブームとなったのか

援助交際がブームとなったのは、90年代の後半ぐらいだと言えます。

ちょうどその頃は、携帯電話も普及し始めて、高校生でも携帯電話を持っている人は少なくありませんでした。

そのため、携帯電話を使って気軽に援助交際をすることができたのです。

もちろん、実際に街中で声をかけて援助交際をする人もいたかもしれませんが、携帯電話による援助交際の方が圧倒的に多かったと言えるのです。

ただ、携帯電話で気軽に援助交際ができるようになった反面、リスクの方も増えることになりました。

実際に相手と出会うまでは、相手の顔も分からない状況のわけです。

相手が良い人なのか悪い人なのかも分からいので、実際に出会ってから様々なトラブルや犯罪行為に巻き込まれる女の子も少なくなかったのです。

しかも、被害を受けたのは女の子ばかりではなく、男性側の被害も増えたのです。

女の子だと思って出会った相手が実は男であり、そのまま複数の男たちに絡まれて、お金を脅し取られるような被害も急増したのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ